日記 > ゲーム制作 > Prologue 進捗報告

日記 (2014 年 7 月 19 日)

さて、 今日から夜の時間は自由に使えそうなので、 この時間を利用してゲームを作っていこうと思います。

さて、 今日は、 マリオシリーズの 「ハテナブロック」 のように、 下から叩くとアイテムが出てくるブロックについて考えてました。 このブロックを、 マップタイルの 1 つとして扱うか、 それともマップとは独立したエンティティとして扱うか、 迷っていたわけです。

このようなブロックは、 叩いたりすると状態が変わりますよね。 一度叩いたら、 2 回目以降同じようにまたアイテムが出てきても困りますし。 ここで、 このブロックをマップタイルとして扱ってしまうと、 叩かれるたびにマップデータを書き換えないといけません。 まあ、 そうすれば良いだけの話なんですが (実際 SNES のマリオワールドはこの方式です)、 マップデータは固定したいんですよね。

そんなわけで、 こういう種類のブロックは、 他の敵キャラクターと同じように、 「動くもの」 としてエンテイティ扱いしようと考えたのです。 プレイヤーに踏まれると死ぬという動作をする雑魚キャラと、 プレイヤーに叩かれたらアイテムを出す動作をするブロックは、 同じような感じですよね。

そこで困ったのは、 プレイヤーとブロックエンティティとの間には当たり判定があることです。 プレイヤーだけでなく、 他の移動するエンティティとの間でも当たり判定があります。 つまり、 当たり判定の処理を、 もう 1 つ増やさないといけないわけです。 これがうまくいかないんですよね。

・・・と、 結局 「うまくいかない」 で終わってしまったのが今日です。 つまり、 進捗ありません! 明日は解決したいですね。

Copyright © 2009‐2016 Ziphil, All rights reserved.
inserted by FC2 system