日記 > 人工言語 > 反復表現再考5 代 1 期

日記 (1503 年 6 月 21 日, 916)

6 月 19 日に反復表現がしっくりこないと言いましたが、 良い案が思いついたのでメモしておきます。

「繰り返す」 という動詞 R を用います。 Rofom とすればそのまま 「繰り返し始める」、 Roduk なら 「繰り返し終わる」、 Rotif で 「繰り返している」 の意味になるので、 これがそのまま反復開始, 反復途中, 反復終了を表すことになります。 ものすごく単純なことですが、 なぜか思いつきませんでした。

ただやはり気になる点がまだ残ってまして、 「繰り返す」 という動詞を使う以上、 「繰り返す」 ということが強調されてしまいます。 「私は 3 年前から英語を勉強している」 と言いたいだけなのに、 反復表現にしなければならないので 「勉強し続けている」 と表現せざるを得なくなります。 そういう慣用表現だということにすれば問題ないんですけどね。

追記 (1503 年 7 月 10 日, 938)

7 月 10 日に続きます。 反復表現を確立させました。

Copyright © 2009‐2017 Ziphil, All rights reserved.
inserted by FC2 system