日記 > 人工言語 > 『不思議の国のアリス』 の翻訳3 代 5 期

日記 (旧 1502 年 3 月 6 日, 356)

いつの間にか 3 月になっていてかなり驚いています。 人工言語の更新は最近ないですね。 Twitter にもあまりいませんね。 忙しいっぽいのです。

・・・まあ良いや。 セレンさんの 『言語を作るための言語学』 で、 人工言語の発達の指標として 『不思議の国のアリス』 を訳すことが薦められていたので、 やってみることに。 ん、 これで単語数 1000 超えると良いな・・・。 というか、 この冒頭部分、 原文の英語だと 3 文しかないんですね。 1 文が長いです。 シャレイア語、 長い文は嫌うので、 かなりぶつぶつ文を切ると思います。

これ、 どんな話だっけ。 忘れたよ。 そもそも知らないのかな。 読んでみるか。 時間ないな。 どうしよう。

・・・みたいな感じに文を切ります。 いや、 こんなに短くないか。 というか、 この日記は何が言いたいんだろう・・・。

Copyright © 2009‐2017 Ziphil, All rights reserved.
inserted by FC2 system