人工言語 > シャレイア語論 > リンゴを食べたい 58 文5 代 4 期

概要

これは、 ざすろん氏によって作成された 『リンゴを食べたい 58 文』 をシャレイア語に翻訳したものです。 58 文の一覧はここで見ることができます。

翻訳

1

「食べる」 を単純に現在時制無相とするのは誤りである。 これは、 「食べる」 という行為全体が現在という瞬間のうちに完了することがあり得ないためである。 したがって、 「リンゴを食べる」 というのが現在も続いている習慣であると考え、 反復表現で翻訳することにした。 直訳すると、 「私はリンゴを食べることを繰り返す途中である」 となる。 なお、 時制と相に関する詳しい説明はここを参照すること。

2

3

「リンゴを食べている」 は、 食べるという行為が完了する (リンゴが全て口の中に入れられて残っていなくなる瞬間) 前の状態を表すと解釈するのが自然なので、 経過相を用いた。

4

「リンゴを食べ終わっている」 は、 食べるという行為が完了した後の状態を指すので、 継続相を用いて翻訳した。 なお、 「食べ終わっている」 という表現に引きずられて終了相にするのは誤りである。

5

6

「~したことがある」 という経験は、 最初の例文のように単に過去時制を用いて表現することが多い。 そのような経験があることを特に強調したい場合は、 次の例文のように 「経験する」 という意味の zikol を用いる。

7

「リンゴを食べる」 という行為が毎日繰り返されているので、 反復表現を用いている。

8

Copyright © 2009‐2017 Ziphil, All rights reserved.
inserted by FC2 system